夕陽を浴びる京成車両 3668F ~2月15日の撮影~

 2015-02-16
前回からの続きです。
金町線で高砂へ移動し、お花茶屋へ行こうかと思ったのですが、下りホームでターボ君を発見したので、
急遽八千代台~大和田間へ場所を変更しました。
実は、ターボ君こと3668Fは未だ撮ったことが無かったので、躊躇無く移動しました^^;

夕陽を浴びながら都心へ向かう3668F。
6輌中4輌がVVVF搭載のモーター車という構成の3668Fですが、残念なことに撮れた写真は右が、がら空きだったので、
スクエアにトリミングです^^;


次回に続きます。

最後までご覧戴きありがとうございました。

鉄道ブログにランキング参加しています。
今回の内容が、良かったなと思われた方は
下記バナーをクリックしてやってください。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村

鉄道コム
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ターボ君、迫力があって良いですね。

これも中の2両は運転室も機器撤去で残っておらずサハですので、いずれ4連として運用される可能性もありますね。以前3000形が登場した頃、金沢文庫から4両を牽引するために4連にされ、金町線などでも走っていましたが。
【2015/02/16 22:21】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
コメントありがとうございます。

ターボ君、撮れてよかったです^^
あと4+2の3500も撮りたかったのですが、こちらは津田沼折り返し運用でした。
4連で8連を牽いたのですから、この編成では、余裕ですよね^^

みや様のHPで知ったのですが、150km/h速度計付いているのですか?
【2015/02/17 21:05】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/02/18 14:52】 | # | [edit]
いいえ、4連に3000形4両を連結し、2度に分けて運びました。
3001Fだったと思いますが、新車のため京急線内で京急乗務員が扱えないから自走できませんし、VVVFの誘導障害などの問題もあったのではないかと思います。

日中津田沼折り返し運用に入ると、うすい方面には行きませんね。
その辺はわかりやすいのですが。

速度計は確か150km/hまで表示のメーターがついていたと思います。
3400形、3700形、新3000形もそうです。
新3000形は最高速度120km/hの設定ですが、スカイアクセス線で乗っている限り、130km/h以上は楽に出そうですね。

また3600形は雨や雪の日も空転が少ないと思います。

前回書きませんでしたが、添乗の助役さん?も眩しそうにしていますね。
【2015/02/18 20:31】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
匿名様
コメントありがとうございます。

ターボ君の愛称(鉄での呼び名みたいです^^;)は、編成組み換え時に発生した余剰車をVVVFインバータ制御モーター車に改造を施し、当時は4連で走っていたそうです。その4両全てがVVVFインバータ制御のモーター車で、ターボ君の愛称が付いたらしいです^^

アンテナについては、私が調べた範囲では、無線アンテナみたいです。静電アンテナは交流電車によく見られるみたいですね。乗り入れ先の都営浅草線や京浜急行線、北総線の車両にも付いているようですよ。
【2015/02/18 20:51】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
みや様
レスありがとうございます。

4連を牽いたのですね。ありがとうございました。
150km/hメータ、頼もしいです^^

西日相当眩しかったと思いますよ。撮影者にとっては最高ですが(爆)
【2015/02/18 20:54】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yapparitrain.blog18.fc2.com/tb.php/2277-2f0c9069

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫