いつものカモレ 南流山・三郷編 2095レ 1355レ~12月10日の撮影その1~

 2011-12-11
こんばんは。
昨日は、いつもの南流山・三郷でカモレ撮影を楽しんできました。
朝の所用を済ませ、2095レから撮影開始です。

バリ順で撮ると、気持ちいです^^
2095レ EF510-513+コキ17Bです。



続いての1355レは三郷駅に移動して撮影しました。
この日の1355レは広島更新色の1047号機でした^^荷の載りもいいですね^^
1355レ EF64-1047+コキ11Bです。


ご一緒させていただいた同業者の皆様、お疲れ様でした。
次回に続きます。

最後までご覧戴きありがとうございました。

鉄道ブログにランキング参加しています。
今回の内容が、良かったなと思われた方は
下記バナーをクリックしてやってください。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ :
コメント
全然山線でないところで、広島更新色のEF64がコンテナ引いているというのが何とも言えませんね。
【2011/12/11 21:58】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
コメントありがとうございます。

本当ですね。大サービスで言っても武蔵野台地ですもんね。
でもこの色の釜が関東で見れるとは、思いもしませんでした。
【2011/12/12 21:17】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
私も大宮へ入場した時には目を疑いましたが、その後こっちへ来るなんて思ってもいませんでした。
カマのグローバル化(爆)というか、JRFの1つの機関車で長い距離を走り交換の時間を節約するという政策で実現したのですね。
【2011/12/12 22:36】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。

こんな感じでロクヨン0番台も来たら、超嬉しいですよね!
重連でなくてもいいから、また関東にきてもらいたいですよね^^
【2011/12/14 20:41】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
67号機に是非来て欲しいです。
夏季は重連でなくても大丈夫だと思いますが。
0番台にはATS-PF、ディジタル無線がないから、無理ということですね。
【2011/12/14 21:13】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。

67号機はカラシなのですね^^

デジタル無線とかATSなどで来れないのは、PFの青プレも同じ理由で関西へ転属したのかと思いましたが、PF青プレについては違うのですね。
【2011/12/15 21:56】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
もう2度と青プレは関東は走らない!なんて撮影現場で聞いていましたが。
まぁ、走ってくれて良かったです。
【2011/12/16 00:01】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。

私が再鉄を本格的に活動するようになって、すぐに青プレはいなくなりました。
そのときにも、みや様が言われるようなことを、他の同業者さんから聞いたことがあり、
どうしても見たいなら、最低でも関西まで行かないと・・・と思っていたので、今も元気な2機の青プレには感謝しております^^
【2011/12/16 21:36】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
青プレは奇跡ですね。
ただ、私は黒磯にいる1061号機が気になります。
表向き乗務員研修のためということですが、全検が近くなってきました。
果たして通るのでしょうか?今のところ、他のカマ達は更新後1回は全検通していますね。
【2011/12/17 06:38】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。
>ただ、私は黒磯にいる1061号機が気になります。
1061号機、以前撮影した写真をみたら、更新青プレだったのですね^^
そう考えると復活してもらいたいですね。
【2011/12/17 21:18】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
実は・・・・
更新直後は白プレでした。
しかし、他板で見ましたが、白プレのナンバーが見づらい?という理由で、側面の青プレと差し替えられたというのですが・・・・
EF64更新機みたいですが、唯一の形態なだけに、是非復活して欲しいです。
【2011/12/17 23:13】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yapparitrain.blog18.fc2.com/tb.php/1397-035acba8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫