つかまり棒~205系のスタンションポール~

 2008-11-05
今回は、205系 6扉車の室内写真です。
形式は、「サハ204」形0番台で、埼京線・横浜線で使用されています。
埼京線でサハ204が連結されている編成は、1編成に2両組み込まれています。
新木場駅で撮影しました。同駅発だったので、乗客のいない写真が撮れました。




このスタンションポール(つかまり棒)は、
その昔、茶色い国電にはつかまり棒は付いていました。
ラッシュ時は、ドア付近が混み合いますので、つかまり棒は個人的にはいいと思います。
私は、東武沿線なので6扉車のラッシュは体験したことが無いので、
利用されてる方にとっては邪魔な棒なのかもしれませんね。
日本一混む(!?)山手線もホームに安全扉が付く頃には、
4扉車のみの編成になると言われています。
ある意味、貴重な車両なのかな?6扉車は・・・。

最後までご覧戴きありがとうございました。

鉄道ブログにランキング参加しています。
今回の内容が、良かったなと思われた方は
下記バナーをクリックしてやってください。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫